カザフ国立舞踊アカデミーは、プロを目指す日本の若いダンサーの皆さんに本校へのバレエ留学の機会を提供するために2018年度より日本からの留学生を受け入れることになりました。

 初年度(2018年度)の留学生は、レッスン・ビデオを審査して留学の適性を判断いたしますが、2019年度の留学生からは、オーディションで本校の教師が審査して選考いたします。留学に関する諸手続きは、カザフ国立舞踊アカデミーが日本で唯一協力協定を結んでいる
ソフィア・バレエ・アカデミーに委託して、同校が窓口となり受験生のアシストをいたします。

 日本で行なわれている一般的なバレエ留学の場合は、斡旋業者のアレンジによるものが大多数を占めており、留学に際しては、相当な金額の斡旋手数料を支払うのが通例ですが、ソフィア・バレエ・アカデミーは留学斡旋はいたしておりませんので、審査に合格して留学が決定した受験者からは、審査費用以外のいかなる手数料もいただくことはありません。