c5274d7a874e704793ca9883b7d4c643-small


 カザフ国立舞踊アカデミーは、2015年3月のカザフスタン共和国政府の決定に基づき設立され、2016年9月に開校された世界で最も若い舞踊アカデミーです。
 本校は、中央アジアで初めて開校された、幅広いジャンルの舞踊のプロを養成するための教育を行なう総合舞踊アカデミーで、アジアにおいてのみならず、世界で最大級の規模を誇ります。

 
カザフ国立舞踊アカデミーは、まだ開校されてから2年足らずですが、 アルティナイ・アスィルムラートヴァ学長(元マリインスキー・バレエ団プリマ、元ワガノワ・バレエ・アカデミー芸術監督)の指導のもとで急速にバレエ教育レベルを向上させております。

 アカデミーの主な目的は、クラシック・バレエ・ダンサー、民族舞踊アンサンブルのダンサー、演出家、振付家、芸術学専門家、アートマネージメント専門家を育成することです。

 生徒・学生たちは、しばしば国内外の劇場の舞台に出演して、バレエ芸術の実践的な経験を積む機会に恵まれています。アカデミーは、カザフスタンだけでなく世界中で活躍できるような高いレベルのプロダンサーを養成することが目標であり、そのために、精力的に諸外国の一流バレエ学校との交流を行ない、国際的なイベントに参加しています。

 カザフ国立舞踊アカデミーは14,916平方メートルの校舎に、100平方メートルから400平方メートルの大小合わせて21のバレエ・スタジオを擁しており、バレエ教育に必要なすべての設備を備えています。

 アカデミーには、また、20mx10mのプール体育館、各種器具を完備したトレーニング・ジムもあり、将来プロ・ダンサーになっていく生徒・学生たちの筋力トレーニングを含めて総合的な体力作りに役立っております。

 カザフ国立舞踊アカデミーには、340名収容の4階建ての学生寮が併設されており、娯楽室などもあって生徒たちがゆったりとした雰囲気の中で、バレエに打ち込めるような理想的な環境が整っています。

   さらに、アカデミーには、実習用の小ホールのjほかに、敷地内の棟続きに、豪華な「アスタナ・バレエ」劇場があり、しばしば、アカデミーの生徒たちがコンサートを行なっております。

 アカデミーは、8年制の舞踊専門学校ですが、最初から本校に入学して初歩からバレエ教育を受けた生徒たちが卒業する6年後には、間違いなく世界トップクラスのバレエ学校に成長していることでしょう。

 カザフ国立舞踊アカデミーの紹介ビデオは、
  
Youtube でご覧いただくことができます。